近年増えてきている宗教に葬儀方法【その特徴とは】

女の人

葬儀費用の内訳

数珠と香典

一式費用とその他の費用

四條畷市でお葬式をあげるにあたって、葬儀費用がどのくらいかかるのかは気になるところです。最近はネットを見ると20万円追加料金なしなど、格安な葬儀会社が増えているようです。しかし、葬儀費用にはからくりがあります。このからくりを知らないでお葬式を依頼すると、予想以上の出費にびっくりすることになります。葬儀会社が提示している葬儀費用は、あくまでもお葬式をするため最低限必要な「葬儀一式費用」です。具体的には祭壇、斎場利用料、寝台車、人件費などの他、遺影作成、位牌、骨壷、供花、枕飾りなどの細かい仏具の費用です。お葬式を行うときに、最低限これだけは必要になるだろうという物の費用が、葬儀会社に支払う一式費用です。しかし、普通にお葬式をすると、それ以外にも様々な費用がかかることになります。例えば四條畷市でお葬式をする場合、前日にお通夜をします。自宅が一軒家なら良いですが、マンションの場合は狭いので、四條畷市でお通夜ができる斎場を借りる必要があります。また、お通夜に来てくれた人には通夜振る舞いを提供するのが習わしです。通夜振る舞いとは、お通夜の終わりにみんなで集まり、軽い食事をして故人の思い出話をする儀式です。この通夜振る舞いで提供するオードブルやお寿司、お酒の費用は遺族が出す必要があります。また、お経をあげに来てくれた僧侶にはお布施代を支払うのが一般的な常識です。四條畷市の場合は40万円程度がお布施代の相場です。