近年増えてきている宗教に葬儀方法【その特徴とは】

男の人

葬儀費用の内訳

お葬式をすると、葬儀会社に支払う葬儀一式費用、通夜振る舞いの料理代、お布施代など、沢山の費用がかかります。四條畷市でお葬式をする場合も同じことなので、予算オーバーにならないようにまとめていくらになるか計算しておくことが大切です。

ニーズに合ったお葬式

ハイグレードなお葬式を希望する、宮前区内の人たちが選ぶのは、予算150万円前後の会場を貸し切った葬儀のプランです。業者の見積もりの内訳を比べるのが、最適なプランを見つけるコツであり、オプションを上手に活用するのが理想的です。

宗教にこだわらない無宗教

花

故人に相応しい内容に

横浜では、一般に告知をせずに親族などごく身近な人達の間で密葬を行い、密葬を済ませた後の日を選んでお別れの会や偲ぶ会といった無宗教の葬儀を行う人達が増えています。横浜の無宗教の葬儀は、宗教的なスタイルにこだわりませんから、その内容は主催者により様々です。僧侶の読経の代わりに、故人が生前好きだった曲をBGMにして式場に流し、司会者が葬儀を進行するなどのケースは無宗教の葬儀に多い内容です。参列者は平服で焼香の代わりに献花をし、友人・知人のスピーチや遺族の挨拶があるというスタイルが多いようです。一方で、一切の儀式を行わずに火葬だけのケースもあります。風習や葬儀のスタイルにこだわらないといっても故人の遺志を尊重し、故人に相応しい内容の葬儀にするのが基本です。仏壇や神棚、位牌の代わりに、遺族や参列者が故人を偲ぶことができるように、遺影を中心に故人が好きだった花を飾ったり、思い出の品物を添えるとよいでしょう。横浜の無宗教の葬儀を行うのに、最も無難な場所は自宅です。自宅であれば、どんなスタイルでも周囲からとやかく言われることもないでしょう。しかし、弔問客が多ければ広い場所で行わざるをえません。横浜のホテルには遺体を持ち込めませんので、遺体を安置したい場合は、斎場や団地の集会所、公共施設などを利用するとよいでしょう。寺院や教会など、宗教色の濃い場所を除けば、色々な所で行えるのが無宗教葬儀の良いところです。

お葬式の基礎知識

宗派や予算などを基準にして、手ごろな葬儀会社を見つけるのが、門真市内でお葬式を挙げる時のポイントです。個別相談会やお得な会員制度が充実した業者が評判であり、生前から家族全員で話し合うことで、良いお葬式が行えるでしょう。